だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本

チェコ耳寄り情報22
2015/01/12(Mon) 16:30:36
ヤン・シュヴァンクマイエル&
ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエル原画展


cedoksvankmajer (400x280)

チェドックザッカストア3Fでは2015年1月10日より25日まで、チェコスロバキア・プラハ生まれのシュルレアリスト芸術家、アニメーション作家・映像作家、映画監督として日本でも非常に人気の高いヤン・シュヴァンクマイエルさんのコラージュ原画の展示を開催します。

ペトル・ホリーさんが主催する「チェコ蔵」協力のもと、ヤン・シュヴァンクマイエルが挿絵としてコラージュを手がけた2011年刊行の「怪談」(ラフカディオ・ハーン著)より8点のコラージュ原画作品を展示。また、チェドックザッカストア1Fではヤン・シュヴァンクマイエルの息子、ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエルさんのコラージュ作品を展示いたします。文字通りヤン・シュヴァンクマイエルの遺伝子を継ぐ素晴らしいコラージュ作品をぜひ御覧ください。

1月10日(土)~25日(日)まで。
チェドックザッカストア浅草


シュヴァンクマイエル映画祭2015

svankmajer2015.gif

世界が絶賛する映像の錬金術
長篇『アリス』『オテサーネク』『サヴァイヴィング ライフ』と傑作短篇集、
全6プログラム・22作品を一挙上映!!
シュヴァンクマイエルが人形演出をしたラテルナ・マギカの
『魔法のサーカス』も一部特別上映!!

2月下旬公開

http://svank2015.jimdo.com/
シアター・イメージフォーラム


ヴェラ・ヒティロヴァー監督追悼アンコール上映
ひなぎく

hinagiku2015.gif

チェコの60年代ヌーベルヴァーグの傑作であり、
女の子映画の決定版として根強い人気を誇る『ひなぎく』。
チェコ独特の社会性・政治性を、ハイセンスな美術・小道具・衣装でくるみ、映像と音楽の力で全編を突っ切る!!

3月7日(土)~20日(金)まで。
http://hinagiku2014.jimdo.com/
シアター・イメージフォーラム


THIS IS CZECH ANIMATION 2015
~土曜の夜6時45分からのチェコアニメ~

czechanime2015.jpg

2/14(土)、3/14(土)、4/18(土)、6/13(土)、8/15(土)、10/17(土)、12/12(土)
アップリンク・ファクトリー


ブラティスラヴァ世界絵本原画展
絵本をめぐる世界の旅

chibashibijutsukan2015.jpg

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、ユネスコと国際児童図書評議会の提唱により1967年に始まりました。
 2013年秋に開催された第24回BIBでは、49か国、362名、2,344点におよぶ作品が出品されました。世界最大規模の絵本原画コンクールである同展は、実際に出版された絵本の原画を対象にしています。各国内での審査を経てノミネートされるため、芸術性が高い作品や、実験的でユニークな作品が集まることでも知られています。
 今回は、準グランプリに相当する「金のりんご賞」を日本人作家2人が受賞するという快挙があり、大きな注目を集めました。

1月4日(日)~3月1日(日)まで。
開館時間 10:00~18:00(金・土は20:00まで)
千葉市美術館

(情報は2015年1月17日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報21
2014/11/10(Mon) 17:07:10
チェコのデザインの現在
CONTEMPORARY CZECH DESIGN

czechdesign (400x174)

チェコ共和国で行われているデザインコンテストNový (Z)božíで優勝したロマン・ヴルチシカ氏が来日し、チェコのデザインの現在についてのプレゼンテーションを行います。

まだ日本で紹介される機会は少ないのですが、シンプルかつ実用的、さらにすこし愛嬌のあるチェコのプロダクトデザインは一見の価値ありです。

また、先ごろチェコのDesignblokで最優秀プロダクト賞を受賞したヴルチシカ氏の最新コレクターズ・トイ(おもちゃ)「woo」は、チェコセンターのエントランスで展示いたします。

プレゼンテーター: ロマン・ヴルチシカ (チェコ人プロダクトデザイナー)

場所: チェコセンター
〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14
TEL:03-3797-7383

日時: 2014年10月27日(月)19:00~
入場: 無料 
チェコセンター


東欧アニメをめぐる旅
ポーランド・チェコ・クロアチア

pccanime (400x205)

2度のアカデミー賞を獲得したアニメーション・スタジオ「セ・マ・フォル」の拠点、ポーランドの工業都市ウッチ。イジー・トゥルンカなど、人形アニメーションの伝統を誇るチェコの首都プラハと、カレル・ゼマンやヘルミーナ・ティールロヴァーが活躍した東部の都市ズリーン(旧ゴットヴァルドフ)。第二次世界大戦後に新聞漫画家や画家が集まってアニメーションを作り始めたクロアチアの首都ザグレブ。これら東欧の3カ国をとり上げ、それぞれの個性と伝統あるアニメーションを紹介するとともに、現代のアニメーション作品も展示します。

2014年9月27日(土)~2015年1月12日(月・祝)まで。

休館日:月曜日(ただし10月13日、11月3日、11月24日、1月12日は開館)
12月29日(月曜)~1月3日(土曜)

開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)

観覧料
一般 1,000円(団体900円)
20歳未満・学生 850円(団体750円)
65歳以上 500円
高校生 100円

無料開館日
11月3日(月曜・祝日)「文化の日」は、神奈川県立近代美術館で開催中の3つの展覧会を無料でご観覧いただけます。

〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色 2208-1
電話:046-875-2800(代表)
神奈川県立近代美術館 葉山

Violka チェコからのおくりもの

violka_vanoce (400x266)

「チェコのクリスマス」
ヴィオルカは「すみれ」の意味のチェコ語。200年以上の伝統を持ち、現在では作り手が大変少なくなっている希少なチェコの藍染めを日本に紹介しています。
チェコの藍染めが最も発展した19世紀に思いを馳せ、昔懐かしいチェコのクリスマスをイメージした飾り付けとチェコの藍染めのクロス類やオーナメントをご覧いただきます。
このほか、クリスマスプレゼントに最適なチェコのおばあちゃんの手編み靴下も出展されます。
心躍る季節に、ヴィオルカのチェコの藍染めで楽しいクリスマスシーズンをお迎えください。

11月21日(金)~12月25日(木)まで。
鎌倉・御成通り りせっとcafe (JR、江の島電鉄鎌倉駅西口より徒歩3分)
http://www.reset-club.jp/venue/resetcafe-kamakura-onari
電話 0467-53-7030

♪Violka
チェコの伝統的藍染めのクロス類、クッションカバー、バッグなど、、、
Violka Facebookページ
http://www.violka.jp/


minyong (400x174)

「ミンヨン 倍音の法則」

「四季・ユートピアノ」「川の流れはバイオリンの音」等、数々の映像詩で知られる伝説的演出家、佐々木昭一郎氏の新作で、初の劇場用映画作品です。
ソウルの学生ミンヨンは一枚の古い写真に心をとらわれている。亡き祖母の親友、佐々木すえ子の家族写真だ。すえ子への思いが募るミンヨンは、妹ユンヨンの後を追うように日本へ。そこで巡りあう人たち、母に捨てられた少年、追われる青年、風鈴職人、笛職人・・・
さらに彼女は時代を超えて戦争中のすえ子の人生を生きる。戦時中の統制下、すえ子一家は人間らしく生きようとして様々な苦難を経験したのだった。―現代社会の不安のなか、ミンヨンは人々との交流や音楽の歓びをとおして美しいハーモニーへの夢を育んでゆく。
元チェコセンター所長、「チェコ蔵」主宰のペトル・ホリー氏が重要な役で出演されている他、武藤英明指揮によるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏、モーツァルト交響曲41番「ジュピター」が使用されています。

佐々木昭一郎監督
2014年/日本映画/2時間20分/カラー/16:9/DCP/5.1ch
配給:シグロ
©2014 SIGLO / SASAKIFILMS
上映開始時間
月~金: 11:30 / 14:30 / 18:50
土日祝: 11:30 / 14:30 / 17:30

10月11日(土)~12月12日(金)まで。
岩波ホール

(情報は2014年10月25日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報20
2013/09/13(Fri) 19:11:58
チェコの映画ポスター

czfilmova (392x393)

フィルムセンターと京都国立近代美術館の共催により、
プラハの映画ポスター専門ギャラリー《テリー・ポスター》が所蔵する、
チェコスロヴァキア時代の1950年代後半から1980年代までに制作された
映画ポスター82点を紹介します。1960年代に《チェコ・ヌーヴェル・ヴァーグ》
と称されたチェコスロヴァキア映画のほか、ヨーロッパ各国の作品やアメリカ映画、
さらには日本映画のポスターにも注目し、
映画とグラフィックの出会いから生まれる緊張感と優美さ、そしてユーモアを呈示します。

東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(企画展)
8月28日(水)~12月1日(日)
*月曜日および9月16日(月)から9月26日(木)は休室です。
11:00~18:30(入室は1800まで)
一般200円/大学生・シニア70円
東京国立近代美術館フィルムセンター


チェコのおいしいクリスマス
講師:ペトル・ホリー

vanocka2013 (400x266)

チェコのクリスマスにつきものの鯉のフライやポテトサラダ、
ヴァーノチカという菓子パンなどをお召し上がりになりながら、
ペトル・ホリーさんのお話をお楽しみ頂ける講座です。

12月17日(火)12:00~15:00
会場:だあしゑんか
受講料(飲食代込) 会員 7980円(入会金5250円)
          一般 8610円
主催 朝日カルチャーセンター
ご予約・お問い合わせは朝日カルチャーセンター・語学科まで。
TEL:045-453-1122

講師プロフィール
ペトル・ホリー(Petr Holy)プラハ郊外のドブジーシュ生まれ。
1990年プラハ・カレル大学哲学部日本学科に入学し、語学短期留学で初来日。
1993~94年早稲田大学、1998年~00年東京学芸大学大学院、
その後、早稲田大学大学院文学研究科にて歌舞伎を研究し、
2004~06年同大学第一文学部助手、2006年同大学大学院博士課程を卒業。
2006年に現職、チェコセンター所長に就任。ヤン・シュヴァンクマイエルの
映画字幕作成や書籍翻訳、また作家カレル・チャペックの翻訳監修をはじめ、
チェコ文化を日本に紹介。2013年にチェコセンター所長を満期退任。
現在、チェコ文化の普及と日本との交流を目的にした「チェコ蔵」を主宰し
、チェコと日本の架け橋役として活躍中。


アマールカ おやすみ上映会

p_amalka.jpg

チェコの夜の帯番組『ヴェチェルニーチェク』で放送されていた。『アマールカ』。
ふんわりとした世界観のアマールカにぴったりな、南波志帆によるナレーション、
“眠れる音楽家”鈴木惣一朗プロデュースにより音楽を全面リサウンド。
遠く離れた日本で、より「よく眠れる」超リラックスアニメーションとして
原作の世界観はそのままに生まれ変わりました。

会場 吉祥寺バウスシアター
9/28(土)よりレイトショー 【終了日:未定】
上映時間 19:30
料金 一般・学生1,200円/高校生以下・シニア・会員1,000円
配給:アマールカプロジェクト

Best of チェコアニメ映画祭

p_c_anime.jpg

『ポエム編』 『ファンタジー編』 『ユーモア編』 『カラフル編』の4つのプログラム
チェコアニメを語る上で欠かせない巨匠たち──トルンカ、ティルロヴァー、チャペック、
シュチェパーネクらの芸術性が高くきらびやかな作品から、
『もぐらくん』やポヤルの『ぼくらと遊ぼう!』、『ふしぎな庭』など人気作品も一挙公開。

会場 吉祥寺バウスシアター
2013年 10/12(土)より開催 【終了日:11/8(金)】
上映時間 11:00 / 13:00 /15:00 /17:00
料金 一般・学生1,300円/高校生以下・シニア・会員1,000円


チェコ少女合唱団「イトロ」
~ボヘミアから舞い降りる30人の妖精~
指揮=イジー・スコパル

jitro2013.jpg

これまでに16回もの国際コンクールで優勝を重ね、
"世界最高の女声合唱団"として名高い「チェコ少女合唱団《イトロ》」
が待望の3年ぶり5度目の来日を果たす。プログラムは「モルダウ」「新世界より」
等チェコを代表する歌曲をはじめ、ヴィヴァルディほかクラシックの名曲。
後半は民族衣装に身を包んで歌って踊るなどボヘミアの伝統的な雰囲気を満喫できます。

11月26日(火)18:00開場 18:30開演
会場:日経ホール
千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階
一般 3,500円
子供 2,500円
(小学生以上高校生以下)
税込・全指定席
日経ミューズサロン事務局
TEL:03-3943-7066 (平日10:00-18:00)


チェコ少年合唱団「ボニ・プエリ」
2つのクリスマス・コンサート2013

boni-pueri (273x400)

2000年の初来日以来、合唱の素晴らしさと楽しさを伝え続けてくれる
チェコ少年合唱団“ボニ・プエリ”がこの冬来日します。

毎回音楽の楽しさを伝え、ファンを増やしている“ボニ・プエリ”
今回、3年ぶり6回目の来日公演にご期待ください。

東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂 12月4日(火) 18:15開場 19:00開演
東京文化会館 小ホール 12月11日(火) 18:00開場 18:30開演
全席指定:5000円
チケットスペース 03-3234-9999

ボニ・プエリ公式サイト
(情報は2013年9月25日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報19
2012/07/04(Wed) 19:28:14
ブラティスラヴァ世界絵本原画展
広がる絵本のかたち
◆特別展示:日本のしかけ絵本

0908_01.jpg 0908_01_2.jpg

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ことに開催される
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(略称 BIB)は、隣国のチェコ
共和国と合わせてひとつの国・チェコスロヴァキアであった1967年、
ユネスコと国際児童図書評議会の提唱により始まりました。2011年秋
に第23回を迎え、歴史ある世界最大規模の絵本原画コンクールとして
知られています。

千葉市美術館
会期 9月8日(土)~10月21日(日)

観覧料
一  般  800円(640円)
大学生  560円(450円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名様以上、および市内在住60歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

開館時間 日~木曜日 10:00~18:00
金・土曜日 10:00~20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日 10月1日(月)

http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2012/0908/0908.html


「チャルカANTIK in CEDOKzakkastore」

charkhaantik.jpg

チェドック店内ギャラリースペースでは、8月30日(木)~9月17日(月・祝)まで、
大阪北堀江の東欧雑貨屋「チャルカ」さんの出張販売イベント
「チャルカANTIK in CEDOKzakkastore」を開催いたします。

8月30日~9月17日

チェドックザッカストア
東京都千代田区東神田1-2-11-404
12:00~19:00
http://www.cedok.org/czs/?p=545


伊藤進哉写真展
「チェコ 微光の街」
The Gleam of the Town

120905_ito.jpg

1993年の「ビロード離婚」と名づけられたチェコとスロバキアの国家分離の後、
Velvet(ビロード)のような柔らかな民主化の風が吹くチェコを、4x5インチの
大型カメラで撮影した作品展。

会 期 9月5日(水)~10月31日(水)
時 間 11:00~19:00
休 廊 日・月・祝
入場料 無料

gallery bauhaus
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-19-14
TEL:03-5294-2566 FAX:03-3256-3545
http://www.gallery-bauhaus.com/top.html


展覧会「イジー・トゥルンカ 想像力に魅せられて」

9p_trnka307 (400x309)

2012年2月24日に生誕100周年を迎えたチェコアニメーションの巨匠
イジー・トゥルンカの創作人生を歴史を追って、ポスターパネル形式
で紹介します。2012年2月にドイツで始まり、世界を巡回する本展覧会
は、多くの貴重な写真やイラストで彩られ、チェコアニメーションファン
はもちろん、 どなたにも興味深くご覧頂ける内容となっています。

会期: 7月13日~9月27日

開館時間: 月‐木 10時~17時、金 10時~16時(土日祝日は休館) 

    * 最終入場は閉館30分前とさせていただきます。

場所: チェコセンター(チェコ大使館内) 

入場: 無料 
http://tokyo.czechcentres.cz/program/more/zhy-shntorunka-xing-xing-lwosbingu1/
(この情報は2012年9月4日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報18
2011/06/15(Wed) 23:25:53
東京都写真美術館にて、
「ジョセフ・クーデルカ プラハ1968 -この写真を一度として見ることのなかった両親に捧げる-」
が開催されています。

i_josefkoudelka_001.jpg

Josef Koudelka, from the Aperture monograph Invasion 68: Prague,
(c)2008 Josef Koudelka/ Magnum Photos

5月14日(土)~7月18日 (月・祝)まで。
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
料 金:一般 800円/学生 700円/中高生・65歳以上 600円
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1353.html

1938年、チェコスロバキア(現在のチェコ)に生まれたジョセフ・クーデルカは、
1968年8月に起こったワルシャワ条約機構軍のプラハ侵攻「チェコ事件」時、
団結して兵士に抵抗した市民の攻防を写真におさめました。しかし、“プラハの春”
と呼ばれる変革運動が終焉を迎え、ソ連が導く共産主義へと「正常化政策」が
敷かれる中では、これらの写真は国家から許される記録ではありませんでした。
本展覧会では、クーデルカが2008年に出版した『Invasion 68 Prague』より173点
(予定)を出展。突然、街を埋め尽くした戦車に人力で立ち向かったプラハ市民の勇気
ある記録をクーデルカの臨場感溢れる写真から振り返り、当時の市民に起きたことをい
かに自身の身に引き寄せ、私たちの未来の歴史の糧とするかを検証するものです。

関連イベント

レクチャー:ホリー・ペトル(チェコセンター所長)
6月12日(日) 14:00~15:30

IMG_0194.jpg IMG_0190.jpg
IMG_0187.jpg IMG_0184.jpg

だあしゑんか店内にてクーデルカのミニギャラリーを開催しています。
会期中、入場券の半券を当店にお持ちになると、お会計から10%off!
(1グループ1名様で有効、現金払いのみ)


チェコアニメ「アマールカ」のDVDブックが発売中です。

amalka01.jpg

おやすみアニメ「ヴェチェルニーチェク」枠で、70年代以降放映されている人気アニメを、
鈴木惣一朗氏がリ・サウンド。湯川潮音、羊毛とおはな、キセルなど、独自の世界観
を持つアーティストたちがカヴァーするバート・バカラックの子守唄で『アマールカ』
の世界を包み込み、新しいリラックス感のある作品へ生まれ変わりました。

DVDブック『アマールカ ブック はじめまして編』
鈴木惣一朗×湯川潮音 対談「アマールカと音楽」
甲斐みのり 「あの娘への、ラブレター」
アニメーションDVD付き:『冬を迎えた日』
唄/湯川潮音 ナレーション/南波志帆
980円(税抜)
http://www.amazon.co.jp/dp/4905312000
http://www.amalka-project.com/
http://www.youtube.com/watch?v=F9o7Ns-CgAk


269bdfda79411d50fca6641db4fdf619.jpg

「チェコのえほんや」
当店も日頃お世話になっております「チェドックザッカストア」さんと、
高円寺「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんのコラボイベントです。

[期間] 6月2日(木)~26日(日)
[時間] 14:00 -20:00
[定休] 水曜日
[場所] えほんやるすばんばんするかいしゃ

〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-18-2F
★お問い合わせ 03-5378-2204
http://blog.goo.ne.jp/nabusuraynohe


渋谷区立松涛美術館にて、
「カレル・ゼマン展 トリック映画の前衛 -チェコ・アニメ もうひとりの巨匠-」
が開催されます。

zeman_rogo1.gif

カレル・ゼマン(Karel Zeman 1910-1989)は、人形アニメーションや絵本で
人気の高いイジー・トゥルンカ(1912-1969)と並ぶチェコ・アニメーションを
創設した、代表的作家のひとりです。ゼマンは第二次世界大戦中、チェコ・アニメーション
の発祥地・ズリーンを拠点に制作を開始しました。そして、ジュール・ヴェルヌの原作を
もとに、銅版画から着想した斬新な映像を展開した『悪魔の発明』(1958年)をはじめ、
切り紙やガラスなどを使いさまざまな工夫をこらした映像を作り出し、トリック映画の
巨匠となったのです。
本展は、ゼマンの創作活動の全容をたどろうとする、日本で初めての回顧展です。遺族が
所有している映画の原画や使用された人形とともに、制作過程の一端を知ることができる
貴重な資料や絵コンテなどを展示いたします。

2011年6月14日(火)~7月24日(日)まで。

休館日 6月20日(月)、27日(月)、7月4日(月)、11日(月)、19日(火)

入館料 入館料:一般300円、小中学生100円

http://shoto-museum.jp/05_exhibition/index.html#A002


シュヴァンクマイエル・ファンの皆様へ
シュヴァンクマイエルの木版画がついに完成しました。

シュヴァンクマイエルが下絵を描き、日本の伝統技法を継承してきた木版画工房の彫り
師、摺り師によって作成された木版画の予約販売を開始いたします。その出来映えは
、来日時に色校をチェックしたシュヴァンクマイエルが、そのあまりの技術の高さと
繊細さに驚愕したほどです。詳細は、下記のサイトにアクセスしてください。
http://www.ren-web.net/svspecial/

シュヴァンクマイエル関連のイベント情報は、
http://www.svankmajerjp.com/

(この情報は2011年6月5日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報17
2011/01/20(Thu) 19:11:20
2月26日(土)~3月18日(金)まで、渋谷イメージフォーラムにて、
「トルンカ・ポヤル名作集」というタイトルでのレイト上映があります。
チェコアニメの巨匠イジィ・トルンカの全作品(長篇5作、短篇20作)と
ブジェチスラフ・ポヤルの傑作短篇の日本最終上映です。

trnkapojar.gif

<チケット>
一般・大学・専門学校生:1,300円
高校生・シニア・会員:1,000円
*お得なリピーター割引!!
整理券の半券提示で一般・大学・専門学校生1,300円より300円引きで1,000円に!
<上映日程>
Aプロ:2/26(土) ~2/28(月)
Bプロ:3/1(火)~3/2(水)
Cプロ:3/3(木)~3/4(金)
Dプロ:3/5(土)~3/7(月)
Eプロ:3/8(火)~3/10(木)
Fプロ:3/11(金)~3/13(日)
Gプロ:3/14(月)~3/16(水)
Hプロ:3/17(木)
Iプロ:3/18(金)

配給/チェスキー・ケー
   レンコーポレーション
後援/CZECH CENTRE TOKYO
©Kratky Film Praha a.s.
http://trnkapojar2011.jimdo.com/
http://www.imageforum.co.jp/theatre/


虎ノ門「JTアートホールアフィニス」にて、チェコ歌曲のコンサートが開催されます。

ainouta.png

2011年1月22日(土)14:00開演(13:30開場)

会場 JTアートホールアフィニス
出演  ソプラノ 山内房子
ピアノ 寺嶋陸也

プログラム スメタナ:歌曲集「夕べの歌」
マルティヌー:「昔の歌」、歌曲集「1ページのうた」
ドヴォルジャーク:歌曲集「愛の歌」Op.83、
歌曲集「聖書の歌」Op.99 
カンタータ「幽霊の花嫁」Op.69 より
“わたしのお父さんはどこに?”

チケット 《全席自由》一般 4,000円
お問合せ オフィスアルシュ 03-3565-6771
http://www.jti.co.jp/knowledge/arthall/
http://www.o-arches.com/

(この情報は2011年1月20日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報16
2010/08/04(Wed) 22:53:36
10月27日(水)南青山のライブハウス「月見ル君想フ」にて、
「ヤン・シュバンクマイエルナイト」が再度開催されます。
だあしゑんかの店名印が捺された「ヤン・シュバンクマイエルナイト」のチラシをお持ちの方は、
何とチャージ2000円になります!

svankmajernight.jpg svank1027-212x300.png

舞踏家の山田聡子さんをお迎えし、
上原木呂さん演出のもとに独舞が行われます。


そして今回の目玉は何とピルスナー・ウルケルの樽生!
1日限定、赤字覚悟のお値打ち価格でご提供の予定だそうです。

上映「ヤン・シュバンクマイエルのキメラ的世界」
「シュルレアリズム東と西 上原木呂とマックス・エルンスト」
「シュヴァンクマイエル夫妻の大回顧展『フード』記録映像」

独舞「羽化」
「葛の葉子別れ」

開場 18:00 開演 19:00
前 3,500 当 4,000 +1ドリンク 500
月見ル君想フ
港区南青山4-9-1 B1F
TEL 03-5474-8115
http://www.moonromantic.com/?p=3555


10月25、26日の両日、東京と神奈川にて、チェコ少女合唱団「イトロ」の公演が行われます。

itorokan.jpg

「イトロ」プロフィール
1973年ボヘミアの古都フラデツ・クラロヴェーに創設。4つの予備課程に約500名の生徒が学び、その中から選抜された30名のみがプロとしてステージに立つことが出来る。1979年から2008年の間に23の国際合唱コンクールに出演、実に17回の優勝と1回の準優勝を飾る。
 世界最高の女声コーラスの一つとして名高く、英国、ドイツ、フランス、スイス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ロシア、カナダ、香港等世界中で活躍。特にアメリカ合衆国では、少年少女合唱の歌唱様式に決定的な革新をもたらしたとされ、1990年以来毎年のようにツアーが行われている。音楽祭への招聘も数多く、2003年にはミュンヘン響と「プラハの春」に出演、モーツァルト作品の初演を行って話題を集めた。スプラフォン、チェコEMI等からCD、ビデオをリリースしている。

指揮 イジー・スコパル
演目 スメタナ モルダウ/売られた花嫁
ドヴォルザーク 「新世界交響曲」より ラルゴ
中村雪武 「虹よ永遠に~真実井房子原爆体験記~」


東京公演 10月25日(月) 19:00~
国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール
共演 望月友美

神奈川公演 10月26日(火) 14:00~ 19:00~
鎌倉芸術館小ホール
共演 安東京衣子

チケット 全席自由3500円 当店にて販売中!
http://www.tempoprimo.co.jp/contents/dressroom/itoro01.html


11月2日(火)より約1ヶ月間、千駄ヶ谷のブックカフェ「ビブリオテック」にて、
チェコ絵本展示会&販売フェア「チェコを探しに…」が開催されます。

shop_mainimg.jpg

期間中には「チェドック・ザッカストア」の店主、谷岡剛史さんをお迎えした、
トークショーも開催される予定だそうです。

開催時間 火~土曜 12:00~21:00(祝日除く)
入場料 500円(コーヒー・紅茶付き)
ビブリオテック(Bibliothèque)
渋谷区千駄ヶ谷3-54-2
TEL 03-3408-9482
http://www.superedition.co.jp/biblio/


10月5日(火)~12月5日(日)まで、千葉市美術館にて、
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展とチェコの人形劇」が開催中です。

ehon03.jpg ehon05.jpg ehon08.jpg

ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB)は、スロヴァキア共和国の首都・ブラティスラヴァでおこなわれる世界最大規模の絵本原画展として知られています。1967年当時のチェコスロヴァキアで第1回展が開催されて以来、2年ごとに開かれており、2009年秋に22回目を迎えました。世界各国から国内選考を経て出品された原画が一堂に展示されます。実際に出版された絵本の原画であることがコンペティションへの参加条件となるため、ベテラン作家による個性の競演を楽しむ機会といえるでしょう。

本展第一部では、グランプリをはじめとする受賞作品と日本人作家による出品作品を中心に、出品された各国の絵本とあわせてBIB2009年展を展観いたします。また、第二部では、スロヴァキアの隣国・チェコ共和国の人形劇を紹介いたします。今回、フルジム人形劇博物館の協力を得て、家庭用人形劇場8台及び人形約170体を時代順に展示し、その歴史をたどります。本邦初公開の貴重なチェコの人形劇の世界をお楽しみください。

○BIB2009年展日本人出品作家
あべ弘士、荒井良ニ、こしだミカ、ささめやゆき、スズキコージ
高畠純、智内兄助(金牌受賞)、つかさおさむ、山口マオ

千葉市美術館
千葉市中央区中央3-10-8
TEL 043-221-2311
開館時間 10:00~18:00 金・土曜日は 10:00~20:00 ※入場受付は閉館の30分前まで
休館日 第一月曜日(11月1日)
観覧料 一般 800 円(640 円)大学・高校生 560 円(450 円)
※( )内は20名以上の団体料金
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2010/1005/1005.html

(この情報は2010年10月6日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報15
2010/08/01(Sun) 18:40:21
7月26日(月)南青山のライブハウス「月見ル君想フ」にて、
「ヤン・シュバンクマイエルナイト」が開催されます。

svankmajernight.jpg

「ヤン・シュバンクマイエルのキメラ的世界」+日本未公開映像上映予定
Guest Live:
Quinka, with a Yawn
SHILFEE AND TULIPCOROBOCKLES
チェコの家庭料理も提供されるそうです。

開場 18:00 開演 18:45
前 2,500 当 3,000 +1ドリンク 500
月見ル君想フ
港区南青山4-9-1 B1F
03-5474-8115
http://www.moonromantic.com/?p=2779


7月17日(土)~8月29日(日)まで、平塚市美術館にて、
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」が開催されます。

ehon03.jpg ehon05.jpg ehon08.jpg

ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB)は、スロヴァキア共和国の首都・ブラティスラヴァでおこなわれる世界最大規模の絵本原画展として知られています。本展では、BIB2009年展のグランプリをはじめとする各国の受賞作品と日本人作家による出品作品を中心に展示します。

特別展示として、スロヴァキア共和国の隣国・チェコ共和国の人形劇を紹介します。今回、フルジム人形劇博物館の協力を得て、家庭用人形劇場8台及び人形約170体を時代順に展示し、チェコの人形劇の歴史をご紹介します。また、川本氏の作品と彼が師事したイジー・トゥルンカの人形も展示します。

平塚市美術館
神奈川県平塚市西八幡1-3-3
tel 0463-35-2111
開館時間 9:30-18:00(入場は-17:30)※会期中、開館時間を1時間延長します。
休館日 毎週月曜日※ただし7月19日(月・祝)は開館し、翌日休館。
観覧料 一般800(640)円、高大生500(400)円
※( )内は20名以上の団体料金
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/2010204.htm


6月19日(土)~8月8日(日)まで、資生堂ギャラリーにて、
チェコ写真の現在展「暗がりのあかり」開催中です。

hold_img_03.jpg

現代のチェコを代表する下記の10名の写真家を紹介します。
ウラジミール・ビルグス、 ヴァーツラフ・イラセック、
アントニーン・クラトフヴィール、ミハル・マツクー、
ディタ・ペペ、 イヴァン・ピンカヴァ、
ルド・プレコップ、トノ・スタノ、
インドジヒ・シュトライト、テレザ・ヴルチュコヴァー

写真の創成期より連綿と続く伝統と歴史を継承し、新たな表現を開拓し続けてきたチェコ写真の現在を、ポートレート、風景、フォトモンタージュ、ドキュメンタリーなど多岐に渡る彼らの作品を通して紹介します。

東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階 Tel.03-3572-3901 月曜休館
http://www.shiseido.co.jp/gallery/


7月18日(日)、19日(月・祝)の両日、サントリーホールにて、
スメタナ作のコンサートオペラ「売られた花嫁」が上演されます。
東京都交響楽団創立45周年記念特別公演で、
レオシュ・スワロフスキー指揮、
ルドヴィット ・ルーダ、アドリアーナ・コフトコヴァ他出演。
序曲のみが演奏されることが多く、近年あまり上演されなかったスメタナのオペラを、
チェコ語によって上演することで真価を発揮させます。

3384_l.jpg

東京都港区赤坂1-13-1
SS15,000 S12,000 A8,000 B6,000 C4,500
http://www.tmso.or.jp/j/special/smetana2010/


7月17日(土)~8月29日(日)まで、「プーク人形劇場」にて、
カレル・チャペック原作「ゆうびん屋さんのお話」が上演されます。

yubin-illust.jpg

「ヤン助とヤン助とヤン助と」を併演。
東京都渋谷区代々木2-12-3
TEL:03-3379-0234
http://www.puk.jp/


8月3日(火)~29日(日)まで、世田谷パブリックシアターにて、
舞台劇「ロックンロール」が上演されます。
トム・ストッパード作、栗山民也演出、
市村正親、武田真治、秋山菜津子、前田亜季他出演。

1968年「プラハの春」から始まるチェコスロバキア激動の時代を生き抜いたケンブリッジ大学の教授マックス・モローと、彼の教え子であり、政局に翻弄されながら自己を形成していくチェコ人・ヤン。この2人の男が激動の半生の果てに、政治や人生、愛、そして自由とは何かを問いながら、奇妙な友情と愛情をめぐっていきます。ロックは世界を変えられるのか!?「恋におちたシェイクスピア」の脚本で名高いトム・ストッパードの原作です。

一般S席8,500円 A席5,500円
http://setagaya-pt.jp/

(この情報は2010年7月1日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報14
2010/03/22(Mon) 18:48:34
早稲田大学演劇博物館2階 企画展示室IIにおいて、「現実から想像へ チェコ舞台衣装デッサン画展」が開かれます。

プラハ国立博物館演劇研究室コレクションから、1920~30年代のチェコ舞台芸術デッサン画のオリジナルがやってきます。チャペック兄弟、フォイエルシュタイン、ビリービン等、チェコアヴァンギャルドの主役たちの貴重な資料です。

4月22日(木)~5月20日(木)まで。
休館日 4月29日~5月5日
入場無料
東京都新宿区西早稲田1-6-1
TEL.03-5286-1829
http://www.waseda.jp/enpaku/

また、早稲田キャンパス26号館において、チェコ演劇に関する講演会も開催されます。

ヴラスタ・コウプスカー氏 連続研究会 「プラハ国立博物館とチェコ演劇」
4月19日(月)~21日(水) 18:15~19:45
早稲田キャンパス26号館(大隈タワー)3階302会議室

舞台美術に見るチェコアヴァンギャルド演劇の世界
4月23日(金) 16:30~18:00
早稲田キャンパス26号館(大隈タワー)地下多目的講義室

参加無料/予約不要
http://www.enpaku.jp/event/year/


先日お伝えした通り、カレル・チャペックの生誕120周年を記念し、戯曲「白い病気」が、テアトル・エコーによって上演されます。

shiroibyoki_image.gif

チャペック作品としても重たい部類に入る「白い病気(白疫病)」を、コメディ劇団の老舗テアトル・エコーがミュージカル化!どんな脚色が施されているか楽しみです。

演出 永井寛孝
出演 沖恂一郎 熊倉一雄 他

4月14日(水)~4月26日(月)まで。
恵比寿 エコー劇場
一般 5000円
学割 3000円
(14日はオープニングサービスにつき4000円)
http://www.t-echo.co.jp/


伊勢丹新宿店の本館6階=趣味雑貨・ステーショナリー売り場にて「東欧・ロシアZAKKA MARKET」というイベントが開催されます。東欧系雑貨店の集大成的な豪華メンバーです。

伊勢丹

出展ショップ
CEDOKzakkastore
CHARKHA
MARKTE
Wonder-travelling.com
SASSOU
le petit marche

3月31日(水)~4月20日(火)まで
伊勢丹新宿店 本館6階=趣味雑貨・ステーショナリー
東京都新宿区新宿3-14-1
TEL:03-3225-2717
営業時間:10:00~20:00


滋賀県立近代美術館において、「ドゥシャン・カーライの超絶絵本とブラチスラヴァの作家たち」が開催されます。基本的には、今年の初めまで板橋で開催されていた展覧会の巡回のようです。切手をモチーフにしたポスターがかわいい。近畿地方の方はぜひ。

poster_10-1b.jpg

4月24日(土)~6月27日(日)まで。
http://www.shiga-kinbi.jp/


ちひろ美術館・東京において、企画展「ポーランドの絵本画家たち」開催中です。

10012-1.jpg

代表的な絵本画家ユゼフ・ヴィルコン、スタシス・エイドリゲヴィチュス、ヤヌシ・グラビャンスキ、ロングセラー絵本『しずくのぼうけん』の画家として知られるボフダン・ブテンコ、『こぐまのウシャテク』のズビグニエフ・リヒリツキをはじめ、9人の画家たちの作品を展示します。

5月9日(日)まで。
http://www.chihiro.jp/tokyo/
(2010年3月22日時点の情報です)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報13
2009/05/07(Thu) 22:32:56
2月13日(土)~3月18日(日)まで、逓信総合博物館において「スロヴァキアの切手展~ドゥシャン・カーライとブラチスラヴァの絵本文化~」が開催されます。スロヴァキア郵便博物館、チェコ郵便博物館の協力を得て、ドゥシャン・カーライによるチェコスロヴァキア時代から現在までの日本初公開となる切手原画のほか、郵便関連グッズをはじめ、スロヴァキアの絵本文化を背景とする記念切手や関連の絵本原画など、約150点を紹介するそうです。板橋区立美術館の展示も記憶に新しいカーライの作品を再び堪能できるチャンスです。

biz1002011538010-p2.jpg

逓信総合博物館 ていぱーく
東京都千代田区大手町2-3-1
入場料:110円
9:00~16:30(入場は16:00まで)
月曜休館
http://www.teipark.jp/
http://www.japanpost.jp/pressrelease/detail.php?code=2010020101

チェドック東京店において、2月5日(金)~20日(土)まで「とっておきのチェコ絵本100」というイベントが開催されます。希少な作品やサイン本など珍しい絵本を展示・販売されるとか。展示会初日19時からオープニングパーティーがあるそうなので、この機会にぜひ。
20100119totteokiehon100.jpg 20100118kanakana150.jpg

なお同店では2月24日(水)~3月13日(土)まで、「カナカナのかわいい東欧に出会う旅」(産業編集センター)の出版を記念した巡回展が開催されます。奈良の雑貨店+ギャラリーカフェ、カナカナさんが買い付けてきた雑貨や絵本、多田真由美さんによる東欧アンティークリネンのリメイク雑貨が展示されます。関東地方ではここだけなのでこちらもぜひ。
http://www.cedok.org/

チェコとは関係ありませんが、シネマ・アンジェリカにてハンガリー映画の名作「だれのものでもないチェレ」が公開されています。「ウイニングチケット~遥かなるブダペスト~」も近日公開とのこと。
http://www.gojyu.com/

あとこれは出演する俳優さんに直接聞いたのですが、チャペックの戯曲「白疫病」が近く上演されるそうです。詳細情報は追ってお知らせします。

(こちらは2010年2月3日時点の情報です)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報12
2009/05/02(Sat) 16:19:52
板橋区立美術館の開館30周年を記念して、「ドゥシャン・カーライの超絶絵本とブラチスラヴァの作家たち」展が開催されます。

おなじみスロヴァキア絵本の巨匠、ドゥシャン・カーライによる大作「アンデルセン童話」などの絵本原画、制作過程の資料、油絵作品、切り紙アニメーションの映像やその原画まで、これまでの創作活動の全容を振り返ります。

11/21(土)~2010/1/11(月・祝)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
月曜、年末年始休館(月が祝日の場合は翌日休館)
一般600円/高校・大学400円/小・中学生150円
Tel:03-3979-3251

http://www.enjoytokyo.jp/OD004Detail.html?EVENT_ID=250479
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/
また、期間中にカーライさんを講師にお迎えしたワークショップも開かれます。

ドゥシャン・カーライ展関連イベント
ワークショップ「冬のアトリエ」

11/22(日)10:00~13:00
11/23(祝)10:00~16:00

講師=ドゥシャン・カーライ
通訳=小野田若菜
   
対象・定員:
イラストレーター又はイラストレーターを目指す方でイラスト・絵本の制作経験があり、
2日とも参加できる18歳以上の方。20名(書類選考有り)

参加費: 4500円

http://www.itabashiartmuseum.jp/art/lecture/lc2009-14.html


09100101.jpg
高円寺の「自由帳ギャラリー」において、イラストレーターのユカリンゴさんとアヤツコさんによる「東欧プロハースカ」展が開催されます。

http://blog.goo.ne.jp/jiyuchou/
http://www.yukaringo.net/

オーストリア、チェコ、クロアチアをモチーフに製作されたイラストレーションや雑貨を展示・販売されるそうです。旅の空気を思う存分感じてください。

10/20(火)~25(日)
12:00~20:00(最終日は18:00まで)
OPパーティ:10/20(火)18:00~20:00


前回紹介した、新宿K's cinema「チェコアニメ傑作選」がいよいよ公開です。
トゥルンカ、ポヤル、シュヴァンクマイエルの短編や「パットとマット」等バラエティに富んだ選りすぐりの作品をご堪能ください。
http://www.ks-cinema.com/schedule.html
10/10(土)~11/6(金)まで。


「山形ドキュメンタリー映画際2009」が始まりました。
http://www.yidff.jp/home.html

チェコからはマルチン・マレチェク監督「オート*メート」が招待され、審査員としてカレル・ヴァヘック監督が参加しています。お近くの方はぜひ。
10/8(木)~15(木)まで。

i_served_the_king_of_england.jpg 150425.jpg Ostre_sledovane_vlaky.jpg
昨年末に公開され好評を博したイジィ・メンツェル監督作品「英国王、給仕人に乾杯!」がいよいよDVD化されます。それに伴い、ビデオが絶版だった「スイート・スイート・ビレッジ」、日本は初のソフト化「厳重に監視された列車」を収録したDVD-BOXが発売になります。今ならAmazonで26%引きです。この手の作品はなかなか重版がかからないので、気になる方はお早めに。

(この情報は2009年10月8日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報11
2009/04/15(Wed) 21:00:15
“チェコ人形アニメ最後の巨匠”と称されるイジー・バルタが23年ぶりに完成させた長編アニメ『屋根裏のポムネンカ』がいよいよ公開されます。

napude01.jpg

http://www.a-a-agallery.org/intheattic/
8/1(土)より渋谷ユーロスペース2ほか

試写会でご覧になったお客様の声です。

キャラクターたちの表情・動きが最高にかわいい!彼らが暮らす古いトランクの中の世界は、ミニチュア好きにはたまらない要素がいっぱいです。子供の頃に遊んでいたおもちゃたちのことを思い出し、懐かしく、純粋な頃(笑)の気持ちになれました。チェコ映画で好きな作品ベスト5にランクインです!
悪の帝王フラヴァがかくし芸のハナ肇とシンクロします。
(30代会社員 けしのみ花子さん)

人形たちが、人形たちだけの世界で暮らしているという、子供の頃に空想したファンタジーが、素晴らしく洗練された世界で表現されていて感激しました。人形のキャラクターから小道具にいたるまで、完璧につくりあげられていて、チェコアニメはやはり凄いと思いました。
線画アニメ、シーツの波etc...おもしろいアイディアが盛りだくさんで、観ていて全く飽きませんでした。人形のアナログな動きがいい。
(20代画学生 後藤さん)

また、「ポムネンカ」公開に併せて、バルタ監督の過去作品も劇場公開されます。

http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=220

「ディスクジョッキー」「プロジェクト」「手袋の失われた世界」ほか
8/15(土)~8/28(金)
渋谷ユーロスペースにてレイトショー

少し先になりますが、新宿K's cinemaにて「チェコアニメ傑作選」が公開されます。
トゥルンカ、ポヤル、シュヴァンクマイエルの短編や「パットとマット」等バラエティに富んだ選りすぐりの作品をご堪能ください。

http://www.ks-cinema.com/schedule.html
10/10(土)~11/6(金)まで。


8/13(木)~9/25(金)まで、チェコセンターにて「チェコ映画ポスターの黄金時代 巨匠ミラン・グリガル展」が開催されます。

grygar.jpg

http://www.czechcentres.cz/tokyo/novinky.asp?ID=11037

チェコスロヴァキアが生んだ、映画ポスター独自製作を代表するグラフィックデザイナー、ミラン・グリガルが描いた175点ものポスターの中から傑作30点を展示します。

The Golden Age of Czech Film Posters
Milan Grygar

平日のみ 10時~17時 
場所: チェコセンター
入場: 無料 

(情報は2009年8月1日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報10
2009/02/24(Tue) 20:44:44
DSCF9328.jpg

6月17日より「九段ブックスin九段下 チェコ絵本と和のアンティーク展」が開催されます。

ネット古書店「九段ブックス」さんの提供するチェコの絵本に加え、雑貨、キノコの本、アンティーク家具、アイアン雑貨など多数展示販売されるとのこと。会期中は無休だそうですので、お気軽にお出かけください。

6月17日(水)~30日(火) 12:00~20:00

【会場】東京都千代田区九段南2-3-22
【アクセス】半蔵門線 九段下駅 徒歩8分

九段ブックス
http://kudan.ocnk.net/

logomaster.jpg

横浜天王町「PIVO屋」さんで、このところ「ウルケル・マスター」なる銘柄の樽が空いているそうです。現地でも聞いたことがないので、もしかしたら新商品かもしれません。「セミダーク」「ダーク」の2種類が主に週末、開栓されるそうですので、興味のある方はぜひお飲みになってみて下さい。

PIVO屋
http://www.pivo-ya.com/

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報9
2009/02/17(Tue) 17:36:41
本格的に春の陽気になってきました。ビールが恋しくなる季節です。本郷三丁目と神田のテイルズエールハウスでは、このところ安定してウルケルの樽が空いています。また横浜PIVO屋さんではベルナルドの黒樽生が出ているようです。インパクトの強い、チェコでは珍しい黒らしい黒ですので、興味のある方はぜひ。

さて、もうご存知の方も多いと思いますが、当店及び「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんに委託という形で拠点を持っていらっしゃる「チェドックザッカストア」さんが本格的に東京進出することになりました!

場所は東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ・竹澤ビル404、ドイツ雑貨「マルクト」があるビルの4階。オープンは4/29(水・祝日)、営業時間は13:00~19:00予定とのこと。現在、チャルカさんの「アジ紙本」の出版を記念し、味のある紙のコーナーが設置されています。

(5/5にご挨拶に伺ったときの写真です)
IMG_0482.jpg IMG_0484.jpg
IMG_0483.jpg IMG_0489.jpg

現在、京橋のINAXギャラリーにて「チェコのキュビズム建築とデザイン 1911-1925」という展覧会が開催されています。

2009_03czech_l.jpg

2009年3月6日(金)~5月23日(土)
10:00~18:00
休館日:日祝日
http://www.inax.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_001363.html

IMG_0477.jpg IMG_0475.jpg
IMG_0480.jpg IMG_0479.jpg

ヨゼフ・ホホル、ヨゼフ・ゴチャール、パヴェル・ヤナークという3人の建築家の足跡を記した巡回展です。チェコセンターで開催中の「チェコ建築としてのキュビズム」と併せてご覧になるとよりいっそう楽しめるのではないでしょうか。

IMG_0490.jpg IMG_0492.jpg

http://www.czechcentres.cz/tokyo/novinky.asp?ID=10067

INAXからは素敵なブックレットも発売中で、Amazonでも注文できます。

「チェコ絵本とタイル絵展」

tileten.jpg

東欧の絵本・雑貨を買い付け販売しているネットショップ「九段ブックス」と、小物・タイル絵作家「クラフツナータン」のコラボレーションによる展覧会が催されます。チェコ絵本から想像を膨らませて、チェコビーズを折り混ぜながらタイル絵を作成されたとのこと。開催場所は中央線デザイン倶楽部が主催運営するユニークなブックカフェ「国立本店」です。

5/6(水)~6/1(月)
12:00~17:00
火曜休

国立本店
東京都国立市中1-7-62
Tel:042-575-9428  

(情報は2009年4月22日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報8
2008/09/24(Wed) 13:19:36
現在、テイルズエールハウスの本郷店と神田店でピルスナー・ウルケルの樽生が開いているようです。すぐなくなってしまうかもしれないので、どうしても飲みたいという方は事前に確認を取った方がよろしいでしょう。

六本木BISCUITさんで、週末だけの東欧フェア開催中です。
http://www.biscuit.co.jp/bamboo_new/exhbit/index.html

チェコやハンガリーの絵本、マッチラベル、東ドイツのテディベアなど多数販売されるそうです。
第1週目 1月23日、24日、25日(金・土・日)
第2週目 1月30日、31日、2月1日(金・土・日)
第3週目 2月6日、7日、8日(金・土・日)

金曜・土曜は12時~19時
日曜は12時~17時

[こちら]でご紹介したチェコ映画「英国王 給仕人に乾杯!」が大入り続映中のようです。店主も正月休みを利用してやっと観ることができました。ストレートにヒューマンな感動を誘う造りではなくかなりシニカルな映画で、チェコの歴史を知っていればより楽しめる…というより、チェコに関する予備知識は必須に思えましたが、興味のある方なら観て損はないと思います。
ちなみに当店もパンフレット作成に協力しています。

日比谷シャンテシネ
1/23までは連日11:15/13:50/16:25/19:00
1/24~30連日11:50/14:30/17:05/19:40

(情報は2009年1月23日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報7
2008/09/23(Tue) 15:42:39
20081118czsaga.jpg
チェコヘ、絵本を探しに 谷岡剛史・著
税込1365円
[こちら]で紹介したチェドックザッカストア・谷岡さんの本が書店に並んでいます。だあしゑんかでも販売中ですので、じっくりご覧になってからお買い求めください。当店でお買い上げの場合、今ならJ.パレチェクさんのオリジナルポストカードが購入特典としてついてきます。

関連して高円寺「えほんや るすばんばんするかいしゃ」でチェコ絵本フェア開催中です。
http://blog.goo.ne.jp/nabusuraynohe
計300冊のチェコ絵本を即売する他、16点のレア物を抽選販売するそうです。大晦日まで営業されているようなので、年末のお休みにぜひ。
■期間:~12月31日(水曜)
■定休日:水曜(31日の大晦日は営業します)
■営業時間:14時~20時すぎ

IMG_0294.jpg IMG_0296.jpg
先日、横浜に遠征してPIVO屋さんと横浜ビールさんに顔を出してきました。PIVO屋さんでは前にも増してコンディション最高のウルケルに舌を巻きました。下手なプラハの居酒屋より美味しいものを出されています。横浜ビールは忘年会シーズンで賑わっており、醸造長の鈴木さんにオリジナルピルスナーをご馳走して頂きました(ありがとうございます!)。こちらも一緒に飲んでいたコゼルの生がかすむほど。余談ですが、鈴木さんはウルケル生を毎日飲みたい一心でPIVO屋さんの近くに引越しされたそうです。

(情報は2008年12月11日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報6
2008/09/22(Mon) 17:15:19
「つながれたヒバリ」「厳重に監視された列車」「スイート・スイート・ビレッジ」等数々の名作を撮ったチェコ映画の巨匠、イジー・メンツェル監督の最新作「英国王 給仕人に乾杯!」がいよいよ日本でも公開されます。
http://www.bowjapan.com/iservedtheking/
12/20(土)よりシャンテシネにてロードショー

それに先立ち、12/6(土)からメンツェル映画祭と称し、過去の2作品がそれぞれ1週間限定で上映されます。
http://www.bowjapan.com/iservedtheking/menzel/index.html
どちらも大傑作です。特に「スイート・スイート・ビレッジ」を劇場で観る機会はこの先ほとんどないと思われるので(DVD未発売、ビデオは絶版)この機会にぜひ。

秋葉原CLUB GOODMANにおいて、4日連続でチェコプログレバンド特集が開催されます。
Music Arts[Czech-Japan]2008
http://www.clubgoodman.com/schedule/schedule08-12.html
12/13(土)~12/16(火)まで。開場・開演と料金はスケジュールをご覧下さい。

チェコからはMCH band(12/13)、Uz jsme doma(12/14)、Pavel Fajt(12/15)、Psi Vojaci(12/16)が参加します。中でもUz jsme doma(ウジュ・イスメ・ドマ)は日本でもお馴染みですね。
当店はもしかしたら協賛として簡単な料理を提供するかもしれません。乞うご期待。ちなみに16日の最終日には社会学者としても名高い小熊英二さん率いるQuikion(キキオン)が参加しています。

当店も日ごろお世話になっている、神戸チェドックザッカストアの谷岡剛史さんが本を出版されました。
チェコへ、絵本を探しに
http://cedok.shop-pro.jp/?pid=10797614
事前にちょっとだけ原稿を拝見しましたが、これまでの探訪物では飽き足りない、マニアックで突っ込んだチェコ絵本にまつわるあれこれを読みたいという方に超お薦めです。もちろん「チェコ絵本って何?」という方でも豊富な図版を眺めているだけで充分楽しめますよ。

さて、だあしゑんかではこのほどプロジェクター及びスクリーンを導入し、チェコ関係の映像を上映する企画が始動しています。まず第一弾は12/25(木)に「長い長いお医者さんの話」「郵便屋さんの話」他、チャペック兄弟の作品をエドゥアルト・ホフマンがアニメ化したシリーズ、第二段は12/31(水)にチェコ映画祭でも好評を博した「スクシーテク」(Skritek トマーシュ・ヴォレル監督)を予定しています。年明けからはオルドジフ・リプスキー監督作品やミロシュ・フォルマンの初期作品なども順次上映の予定。
時間・料金などまだいろいろと未定ではありますが、追ってご報告しますのでご期待ください。上映希望の作品などございましたら遠慮なくリクエストをお願いします。

(情報は2008年11月22日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報5
2008/09/21(Sun) 14:33:16
「チェコ人形アニメの巨匠たち」が12/20(土)から渋谷ユーロスペースでレイトショー公開されます。
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=178
上映時間 21:10~22:50
併映「りんごのお姫様」B.ポヤル監督
  「ゴーレム」パイロット版 J.バルタ監督
一般1700円 前売1400円

貴重な証言が満載のドキュメンタリーフィルムです。試写会に招待して頂けたので観てきましたが、1時間強の中にチェコアニメの歴史がぎっしりと詰まっており、情報量の多さに脳がショートしそうでした。数多くの作品が体系づけられて紹介されているので、これまでと違った角度でチェコの歴史を知り、チェコアニメを見る目も変わってくるような作品だと思います。
併映の「ゴーレム」もさわりだけながら、世界がとろけていくような独特の感覚は得がたいものがありました。完成が楽しみです。

11/28(金)まで、渋谷シアターイメージフォーラムにて「カレル・ゼマン レトロスペクティブ」上映中です。なんと日本最終上映とか。劇場で観たい方はお見逃しなきよう。
http://www.chelucy.com/nsw/

南青山Sundriesでのカーライ展を見逃してしまった方に朗報です。11/12(水)~12/15(月)まで、取手市のマルイチマルギャラリー&スタジオにおいて、「ドゥシャン・カーライ展 絵本を楽しむ展覧会」が開かれます。
http://www.010bldg.com/

内容はSundriesとほぼ同様ですが、絵本の販売はされません。その代わりに版画が何点か追加されて、さらに見応えある展示になるそうです。ドライポイント技法による版画体験教室も開かれるので、興味のある方はぜひ。

010GALLERY & STUDIO
茨城県取手市白山4-1-11 010ビル
Tel:0297-95-2121
JR取手駅西口より徒歩8分

(情報は2008年11月11日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報4
2008/09/20(Sat) 14:24:24
12/25(木)まで、北海道大学で「カレル・チャペック その生涯と時代」展が開かれています。
北海道大学総合博物館 3階企画展示室
10:00~16:00 月曜休館(11月24日は開館)入場無料
http://museum-sv.museum.hokudai.ac.jp/exhibition/kikaku60/
チェコ本国チャペック記念館の展示を日本語化したもので、ダーシェンカを撮ったカメラやプリントの実物など、貴重な資料が多数展示されているそうです。ひょっとしたら東京にも巡回で来る可能性があるかもしれないらしいので、その時はまたお知らせします。図録は当店において閲覧できます。

11/22~来年の1/18(日)にかけて、「世界のブックデザイン2007-8」展が開かれます。
10:00~18:00 月曜休館 入場無料
印刷博物館 P&Pギャラリー
東京都文京区水道1-3-3
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/081122/index.html
ライプツィヒ・ブックフェアで公開されている「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書と、チェコや日本をはじめとするコンクール常連国の、優れたデザインの書籍を集めた展覧会です。チェコ共和国文化省後援。

チェコで最もポピュラーなミネラルウォーター、MATTONIが円高差益還元セール中です。
http://www.mizuhiroba.jp/shop/products/detail/398
もちろん当店でも仕入れておりますので、ご来店の際にはぜひ味わってみて下さい。

アートコンプレックスセンターで開催中の「チェコの古絵本市」に行ってきました。2階の1室に平積みで展示販売されています。パツォウスカーやハナークなど人気作家の大作からヤーグル、ノル、チェホヴァーなど通好みの作家の小品に至るまで、品揃えはなかなかいいと思いました。お値段は相場でしょう。これだけ網羅的にチェコの絵本が販売される機会は少ないと思うので、興味のある方はぜひどうぞ。

(情報は2008年11月5日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報3
2008/08/27(Wed) 23:11:54
11/30(日)13:15から、新宿区・早稲田奉仕園セミナーハウスにて「カレル・チャペック没後70年記念講演会・シンポジウム」が開かれます。
講師はペトル・ホリー、沼野充義、石川達夫、田才益夫、梶原初映、飯島周という目もくらむような豪華メンバーです。講演テーマは各講師が考える「私のチャペック論」で、資料配付、質疑応答もあるそうです。会費も1000円と格安。店主も仕事がなければぜひとも駆けつけたいくらいのイベントではあります。
早稲田奉仕園セミナーハウス
東京都新宿区西早稲田2-3-1
03-3205-5411
http://www.hoshien.or.jp/

IMG_0178.jpg IMG_0199.jpg IMG_0203.jpg
[こちら]で紹介した「ドゥシャン・カーライ 絵本を楽しむ・展」に行ってきました。有名なアリスやアンデルセン作品、「12月くんのともだちめぐり」「魔法のなべと魔法のたま」から、大部の豪華作品集、こまごまとした挿絵に至るまで、カーライの作品をお腹いっぱいになるまで堪能できます。師匠的存在のアルビン・ブルノフスキー、妻であるカミラ・シュタンツロヴァーの作品も展示されており、スロヴァキア絵本好きにはたまらない企画でしょう。11/1(土)から11/3(月)までは主催者の江森さんも会場にいらっしゃるそうです。
初日の早い時間から大盛況で、販売用の絵本はお値段も手頃ですし、購入目的の方は早めにおいでになった方がよさそうです。

IMG_0163.jpg IMG_0165.jpg
高円寺南口、西友近くの店舗の2階にある古本屋さん「えほんや るすばんばんするかいしゃ」をご紹介します。一風変わった店名は寺村輝夫さん作の児童書から。国内海外問わず、主に絶版の絵本や児童文学の古書を販売しています。現在店内中央の棚でチェコ絵本特集を開催中です。値段は相場よりお安めではないかと。在庫が少なくなり次第終了してしまうそうなので、気になる方はお早めにどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/nabusuraynohe

IMG_9861.jpg IMG_9862.jpg IMG_0177.jpg
銀座7丁目のショットバー「BLOODY DOLL」です。店名は北方謙三氏の小説から。ロシア、ポーランドを中心に35カ国400種類以上のウォッカを揃えている凄いお店ですが、ここでは製造中止で本国も含めどこでもお目にかかれないような銘柄がいくつも飲めます。写真はチェコ産ズブロッカです(右はエストニアウォッカ)。瓶の形に見覚えがある方もおいででしょう。この店の在庫が切れたらもう二度と飲めないと思われます。おつまみはフキや舞茸やカボチャのピクルスなど、ロシア風でちょっと変わった美味しい料理が揃えられ、だあしゑんかでも常日頃参考にさせて頂いております。
東京都中央区銀座7-4-7 小島ビル2F
[月~金] 18:00~翌3:00 [土・日・祝] 18:00~24:00
月2回不定休
03-3289-8155

(情報は2008年10月28日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /



copyright © 2017(株)ダーシェンカ All Rights Reserved.