だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本

SUNDAY LIVE
2009/02/26(Thu) 15:50:47
ボサノヴァ夕涼み

ケニー小泉(g.)+Wada Naomi(vo.)

yusuzumi.jpg ダイナミックなボーカルとギターが織りなすハーモニー。
 ボサノヴァのスタンダードナンバーを中心に、
 夏の終わりにふさわしい、
 素敵なデュオの演奏をお楽しみください。

8月23日(日) 19:30~21:30
チャージ:1500円(1ドリンク付)

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

ご予約をお勧めします(席数12+立ち見)
*予約はメール・電話・店頭にて受け付けます。
メール:bar_dasenka@yahoo.co.jp
(@を半角に変えて下さい)
電話:03-5269-6151

├ボサノヴァ/ライブ / TB(-) / CM(-) /

「闇のバイブル 聖少女の詩」上映会
2009/02/25(Wed) 16:53:01
「闇のバイブル 聖少女の詩」(Valerie a týden divů/1970)
監督 ヤロミール・イレシュ
原作 ヴィーチェスラフ・ネズヴァル

Valerie.jpg

8/4(火)21:00~
チャージ1400円 1ドリンク付

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

祖母と二人で暮らす少女ヴァレリエ。初潮を迎えた日から彼女の周りには様々な怪異が姿を現すようになる。仮面の下に牙を潜ませた宣教師、謎の青年オルリーク、そして祖母の変容。性への憧れと恐れが彼女に見せる夢なのか、はたまた…。

ゴシック・ロリータの世界で幻の聖典とされていたカルト作品です。チェコの国民的詩人、ヴィーチェスラフ・ネズヴァルの小説を、クンデラ原作「冗談」で知られるヤロミール・イレシュ監督が映画化したもの。主演のヤロスラヴァ・シャレロヴァーは13歳の時に本作でデビューし、一躍東欧圏にその名を知らしめ、10代にして10数本の映画に出演しています。2000年に彼女を取り上げたドキュメンタリーがテレビ放映されるなど、未だにその人気は根強いものがあります。

Don't Think. Feel!

├チェコ映画上映会 / TB(-) / CM(-) /

チェコ耳寄り情報10
2009/02/24(Tue) 20:44:44
DSCF9328.jpg

6月17日より「九段ブックスin九段下 チェコ絵本と和のアンティーク展」が開催されます。

ネット古書店「九段ブックス」さんの提供するチェコの絵本に加え、雑貨、キノコの本、アンティーク家具、アイアン雑貨など多数展示販売されるとのこと。会期中は無休だそうですので、お気軽にお出かけください。

6月17日(水)~30日(火) 12:00~20:00

【会場】東京都千代田区九段南2-3-22
【アクセス】半蔵門線 九段下駅 徒歩8分

九段ブックス
http://kudan.ocnk.net/

logomaster.jpg

横浜天王町「PIVO屋」さんで、このところ「ウルケル・マスター」なる銘柄の樽が空いているそうです。現地でも聞いたことがないので、もしかしたら新商品かもしれません。「セミダーク」「ダーク」の2種類が主に週末、開栓されるそうですので、興味のある方はぜひお飲みになってみて下さい。

PIVO屋
http://www.pivo-ya.com/

└チェコ耳寄り情報 / TB(-) / CM(-) /

「悦楽共犯者」上映会
2009/02/23(Mon) 15:31:22
「悦楽共犯者」(Spiklenci slasti/1996)
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル

etsuraku.jpg

7/28(火) 21:00~
チャージ1500円 1ドリンク付

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

チェコ、イギリス、スイス合作のシュヴァンクマイエルによる長編3作目。様々なフェティシズムを隠し持つ6人の男女が、自らの欲望を満たすために繰り広げる涙ぐましくも滑稽な努力。色々な意味で「それでいいの?」と画面に問いかけたくなること請け合いの、グロテスクコメディです。音楽を担当するのは「ストリート・オブ・クロコダイル」のブラザーズ・クエイ。

├チェコ映画上映会 / TB(-) / CM(-) /

トゥルンカ「真夏の夜の夢」
2009/02/22(Sun) 19:22:42
「真夏の夜の夢」(Sen noci svatojánské/1959)
監督 イジィ・トゥルンカ
配給 チェスキー・ケー、レン・コーポレーション
(C)Kratky film Praha a.s.

trnkanight.jpg

アテネの大公、シーシアスとアマゾンの女王、ヒポリタの婚礼を翌日に控えて沸き立つ街。大公の臣下イジアスの娘ハーミアと恋人のライサンダー、イジアスが選んだ婚約者のディミトリアスと彼に片思いしているヘレナの四人は森へと向かう。森の中では妖精王オベロンがいたずら好きの妖精パックに、媚薬の効果がある魔の花を摘んでくるように命じていた…。

チェコアニメの父、イジィ・トゥルンカの円熟期に製作され、最高傑作との評価も多い「真夏の夜の夢」がいよいよ登場します。シェークスピアの賑やかなシナリオから台詞を排除し、全てをパントマイムで表現する試みに挑戦した意欲作であり、あまたある「真夏の夜の夢」の映像化の中でも指折りの完成度を誇っています。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

7/14(火)21:00~
チャージ1400円 1ドリンク付

├チェコ映画上映会 / TB(-) / CM(-) /

「ブロンドの恋」
2009/02/21(Sat) 16:16:06
「ブロンドの恋」(Lásky jedné plavovlásky/1965)
監督 ミロシュ・フォルマン
販売 エプコット
(C)Film studios Barrandov

Lasky_jedne_plavovlasky.jpg

小さな製靴工場があるチェコの田舎町で働くアンドゥラ。若い女性が2000人に対して男性がわずか200人しかおらず女工たちの流出が止まらないため、工場の経営陣は軍隊を呼んでパーティを催す案をひねり出した。やってきた軍隊の面々を見てがっかりするアンドゥラと仲間たち。しかしアンドゥラはふと目に止まったピアニストと一夜を過ごしてしまう。彼の「恋人はいない」という言葉を信じてヒッチハイクでプラハまで向かうアンドゥラだが…。

「アマデウス」「カッコーの巣の上で」のミロシュ・フォルマン(ミロス・フォアマン)がチェコ時代に撮った長編第二作で、アカデミー外国語映画賞やベネチア国際映画祭金の熊賞にノミネートされ、60年代チェコ・ニューウェーブの中核を担った重要な作品です。フォルマン作品らしいストーリー運びと皮肉な人間観察が光ります。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

6/23(火)21:00~
チャージ1400円 1ドリンク付

├チェコ映画上映会 / TB(-) / CM(-) /

Sunday Live 第6回
2009/02/19(Thu) 11:58:18
だあしゑんか Sunday Live のお知らせです。

Lua e Cagado
野津哲郎(g.)+加賀美昭子(vo)

lua.jpg ユニット名は「月とすっぽん」。
 ボサノヴァの素朴な歌としての魅力を伝える透明な声と、
 抑制されたメロディやリズムをしっかり表現するギター。
 初夏の夕暮れどき、美しい音楽とともにお過ごしください。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

6月7日(日) 17:00~19:00
チャージ:1500円(1ドリンク付)
ご予約をお勧めします(席数12+立ち見)
*予約はメール・電話・店頭にて受け付けます。
メール:bar_dasenka@yahoo.co.jp
(@を半角に変えて下さい)
電話:03-5269-6151

├ボサノヴァ/ライブ / TB : 0 / CM : 0 /

トゥルンカ「チェコの古代伝説」
2009/02/18(Wed) 22:28:15
「チェコの古代伝説」他1編(Staré pověsti české/1953)
(C)Kratky film Praha a.s.
監督・脚本 イジィ・トゥルンカ
配給 チェスキー・ケー、レン コーポレーション

trnka-densetsu.jpg

チェコ人の祖先の建国の戦いを叙事詩風に描き、第14回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞した、堂々たる大作「チェコの古代伝説」。自然の神や運命の悪戯、敵国からの来襲などにも負けず、チェコという国を形成し、守り抜いて行く姿を彼一流の叙情溢れる人形アニメの世界として見事に描き切っています。繊細かつ大胆で力強く、思わず息を飲むようなこだわりあふれる描写はまさに圧巻の一言です。

第1回カンヌ映画祭にてウォルト・ディズニーやポール・グリモーを打ち破り、トリック映画最優秀賞を獲得したセルアニメ「動物たちと山賊」を併映。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

6/9(火)21:00~
チャージ1300円 1ドリンク付

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報9
2009/02/17(Tue) 17:36:41
本格的に春の陽気になってきました。ビールが恋しくなる季節です。本郷三丁目と神田のテイルズエールハウスでは、このところ安定してウルケルの樽が空いています。また横浜PIVO屋さんではベルナルドの黒樽生が出ているようです。インパクトの強い、チェコでは珍しい黒らしい黒ですので、興味のある方はぜひ。

さて、もうご存知の方も多いと思いますが、当店及び「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんに委託という形で拠点を持っていらっしゃる「チェドックザッカストア」さんが本格的に東京進出することになりました!

場所は東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ・竹澤ビル404、ドイツ雑貨「マルクト」があるビルの4階。オープンは4/29(水・祝日)、営業時間は13:00~19:00予定とのこと。現在、チャルカさんの「アジ紙本」の出版を記念し、味のある紙のコーナーが設置されています。

(5/5にご挨拶に伺ったときの写真です)
IMG_0482.jpg IMG_0484.jpg
IMG_0483.jpg IMG_0489.jpg

現在、京橋のINAXギャラリーにて「チェコのキュビズム建築とデザイン 1911-1925」という展覧会が開催されています。

2009_03czech_l.jpg

2009年3月6日(金)~5月23日(土)
10:00~18:00
休館日:日祝日
http://www.inax.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_001363.html

IMG_0477.jpg IMG_0475.jpg
IMG_0480.jpg IMG_0479.jpg

ヨゼフ・ホホル、ヨゼフ・ゴチャール、パヴェル・ヤナークという3人の建築家の足跡を記した巡回展です。チェコセンターで開催中の「チェコ建築としてのキュビズム」と併せてご覧になるとよりいっそう楽しめるのではないでしょうか。

IMG_0490.jpg IMG_0492.jpg

http://www.czechcentres.cz/tokyo/novinky.asp?ID=10067

INAXからは素敵なブックレットも発売中で、Amazonでも注文できます。

「チェコ絵本とタイル絵展」

tileten.jpg

東欧の絵本・雑貨を買い付け販売しているネットショップ「九段ブックス」と、小物・タイル絵作家「クラフツナータン」のコラボレーションによる展覧会が催されます。チェコ絵本から想像を膨らませて、チェコビーズを折り混ぜながらタイル絵を作成されたとのこと。開催場所は中央線デザイン倶楽部が主催運営するユニークなブックカフェ「国立本店」です。

5/6(水)~6/1(月)
12:00~17:00
火曜休

国立本店
東京都国立市中1-7-62
Tel:042-575-9428  

(情報は2009年4月22日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

「カルパテ城の謎」
2009/02/16(Mon) 17:51:40
「カルパテ城の謎」
(Tajemství hradu v Karpatech/1981)

監督 オルドジフ・リプスキー
販売 エプコット
(C)Barrandov film studios

karpa.jpg

恋人を誘拐された失意のオペラ歌手が「悪魔の城」カルパテ城に挑む。村の伝説によるとカルパテ城は、恋人をさらった悪漢の先祖の山賊が根城にしていたというものなのだ。そして城に現れた謎の美女は、失った恋人にそっくりな容貌だった…。一方カルパテ城内では、悪の男爵がマッドサイエンティストを使って、超兵器の開発にいそしんでいた。

ジュール・ヴェルヌの小説「カルパチアの城」を毎度おなじみオルドジフ・リプスキーが大胆に換骨奪胎?「アデラ/ニック・カーター」でおなじみの監督・キャスト(主演は胡散臭い笑顔が魅力的なミハイル・ドチョロマンスキー)が、その4年後に手がけたゴシック・コメディです。博士のアホアホ発明の数々を操るのは、またもやヤン・シュヴァンクマイエル。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

5/26(火)21:00~
チャージ1400円 1ドリンク付

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

ヤン・シュヴァンクマイエル「ジャバウォッキー」上映会
2009/02/15(Sun) 16:17:19
「ジャバウォッキー」その他の短編
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル

jaba.jpg

5/19(火)21:00~22:30
チャージ1400円 1ドリンク付

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

シュヴァンクマイエルが初めて自らの作品の中にルイス・キャロルの世界(『鏡の国のアリス』の中詩の「ジャバウォッキー」)を取り込んだ作品『ジャバウォッキー』。後に長編映画『アリス』やコラージュ絵本『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』に展開していく系譜の原点と言えましょう。

今回の上映は、

『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』

『J.S.バッハ G線上の幻想』

『家での静かな一週間』

『庭園』

『オトラントの城』

『ジャバウォッキー』

の全6篇です。

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

「ぼくらと遊ぼう!」後編
2009/02/11(Wed) 17:41:22
チェコアニメ上映会
「ぼくらと遊ぼう!」Part2
(C)Kratky film Praha a.s.
発売 レン・コーポレーション、チェスキー・ケー

bokurato-2.jpg

5/12(火)21:00~
チャージ1300円 1ドリンク付

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

妙な敬語と変形を駆使する兄弟グマが織りなすキュートでフリーダムな世界。
チェコアニメの持つ発想の自由さに驚嘆してください。
3/24に上映された6編の続きです。
1話完結なので前回をご覧になっていない方でも楽しめますよ。

監督:ブジェチスラフ・ポヤル

今回上映するのは、

「セイウチの話」
「出会いの話」
「水辺の話」
「おかゆの話」
「犬の話」

の全5編です。
(プログラムの最後に他作品1篇を上映します。内容は当日のお楽しみで)

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

TOBU ISHIKI展Vol.1
2009/02/10(Tue) 00:50:45
TOBU ISHIKI展Vol.1

tobuinu.jpg tobuneko.jpg

4/28(火)~5/10(日)まで開催します。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

アーティストプロフィール
■TOBU ISHIKI

"hello."
It is glad to meet you.

とんだ意識でモノ作り
とんだ意識で言葉を思い浮かべて
とんだ意識で勝手な美意識かかげよう

ダークで、気色悪い雰囲気があるけれども
綺麗である、かわいいという作品作りを目指してます

MySpace
http://www.myspace.com/tobutobu_ishiki
mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4048355
---------------------------------------------
だあしゑんかでは店内の一角を無料ギャラリーとして開放しています。
アーティストさんのご参加、心よりお待ちしております。
規約は[こちら]をご覧ください。
メールかお電話でお気軽にご連絡をどうぞ。

ギャラリー / TB : 0 / CM : 0 /

「アデラ/ニック・カーター プラハの対決」
2009/02/09(Mon) 21:20:17
「アデラ/ニック・カーター プラハの対決」
(Adéla ještě nevečeřela/1977)

adela.jpg adela2.jpg

監督 オルドジフ・リプスキー
販売 エプコット
(C)Barrandov film studios

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

19世紀末~20世紀初頭のアメリカンパルプマガジンのヒーロー、ニック・カーターが意気揚々と乗り込んだプラハの街で待っていたのは迷子犬探しの任務。落胆する彼だが、捜査を進めるうちに犯罪王クラツマル男爵の影が…。そして襲いかかる謎の食人植物、アデラ。ニック・カーターの運命は、そして可憐なチェコ娘との恋の行方やいかに?

「レモネード・ジョー」でおなじみのオルドジフ・リプスキーが贈るチェコ脱力コメディ映画の傑作です。どこかとぼけた怪植物「アデラ」の特撮を担当するのはあのヤン・シュヴァンクマイエル!

4/28(火)21:00~
チャージ1400円 1ドリンク付

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

AZUR-AZUL ライブ
2009/02/07(Sat) 17:26:52
だあしゑんか Wednesday Live

AZUR-AZUL
福島良元(g.)+エミィ(vo.)

azur.jpg ボサノヴァの原点を感じさせる
 軽やかなギターの響きと、
 甘くキュートなヴォーカル。
 お馴染みのスタンダードから、
 フレンチポップのカヴァーまで、
 お洒落に料理してくれます。


[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

4月22日(水) 20:00~22:00
チャージ:1500円(1ドリンク付)
ご予約をお勧めします(席数12+立ち見)
*予約はメール・電話・店頭にて受け付けます。
メール:bar_dasenka@yahoo.co.jp
(@を半角に変えて下さい)
電話:03-5269-6151

├ボサノヴァ/ライブ / TB : 0 / CM : 0 /

ヤン・シュヴァンクマイエル「ドン・ファン」上映会
2009/02/06(Fri) 18:06:36
「ドン・ファン」その他の短編
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル
jan-don.jpg jan-kos.jpg

4/21(火)21:00~22:30
チャージ1400円 1ドリンク付

[おかげさまで大盛況でした。ご来場の皆様ありがとうございます]

今回上映するのは、

「棺の家」

「コストニツェ」

「エトセトラ」

「アッシャー家の崩壊」

「レオナルドの日記」

「ドン・ファン」

以上6篇です。
クトナー・ホラにある骸骨教会を日本で一躍有名にしたドキュメンタリー作品「コストニツェ」、エドガー・アラン・ポーのゴシックロマン小説をシュヴァンクマイエル流に解釈した「アッシャー家の崩壊」、チェコ人形劇ではおなじみの演目であり、長編映画「ファウスト」の原型とも思われる「ドン・ファン」と見所たっぷりの短編集です。

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

上村歩 トノサキユカ ダショ小夏 小さなてがみ展
2009/02/05(Thu) 14:21:11
上村歩 トノサキユカ ダショ小夏
小さなてがみ展

IMG_0442.jpg IMG_0455.jpg

3/31(火)~4/12(日)まで開催します。

レターセットとポストカードを販売中です。
また、最終日の4/12(日)にはイースター記念として、ご来場の方にアーティスト直筆のオリジナルイースターエッグをプレゼントします。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

アーティストプロフィール
●上村歩
セツ・モードセミナー在学中
Mail:ayurice1@hotmail.com
(@を半角に変えて下さい。以下同じ)

●トノサキユカ
セツ・モードセミナー在学中
Mail:pommerypoppy@yahoo.co.jp

●Dašo 小夏
セツ・モードセミナー在学中
http://natsunatsu.blog18.fc2.com/
Mail:manpuku-san@jcom.home.ne.jp

ギャラリー / TB : 0 / CM : 0 /

トゥルンカ「チェコの四季」
2009/02/04(Wed) 00:51:40
チェコアニメ上映会 
「チェコの四季」他1編(Špalíček/1947)
(C)Kratky film Praha a.s.
監督・原案・脚本:イジィ・トゥルンカ
配給 チェスキー・ケー、レン コーポレーション

Metly_Trnka.jpg

チェコの年中行事と四季の風物詩を描いた、トゥルンカの記念すべき長編人形アニメ第一作『チェコの四季』です。「謝肉祭」「春」「聖プロコップ伝説」「巡礼」「聖名祝日」「ベツレヘム」の六つのパートに分かれ、この後もコンビを組んでゆく作曲家ヴァーツラフ・トロヤンの音楽によって進行します。83分の長丁場ですので、肩ひじ張らずにお食事でもされながらのんびり過ごされてはいかがでしょう。トゥルンカのセルアニメでの監督デビュー作『おじいさんの砂糖大根』を併映します。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

4/14(火)21:00~
チャージ1300円 1ドリンク付

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ映画「火事だよ!カワイ子ちゃん」上映会
2009/02/03(Tue) 20:26:22
「火事だよ!カワイ子ちゃん」(Hoří, má panenko/1967)
監督 ミロシュ・フォルマン
販売 エプコット

fireman.jpg

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

チェコの小さな村の消防団で催される消防団長の誕生パーティ。宝くじとミス消防士コンテストを目当てに村人が押し寄せるも、次々と消える賞品や一向に決まらないミス消防士と予想通りのカオス状態に。そのうち本物の火事が起きてしまい…。

後に「カッコーの巣の上で」「アマデウス」で全世界を席巻する巨匠ミロシュ・フォルマン(ミロス・フォアマン)がチェコ時代の最後に撮ったブラックコメディの怪作です。

3/31(火)21:00~
チャージ1400円 1ドリンク付

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /

Karin Pisaříková"Ma mo na ku"
2009/02/02(Mon) 20:19:53
DM2.jpg "まもなく、ネバーランドに到着です。”

 人混みのなかのさまざまな顔のまぼろし
 濡れた黒い枝の花びら
 ――エズラ・パウンド

Karin Pisaříková (CZ)
Yuki-Meru (JP)
Tomoyuki Iwashita (JP)

3月10日(火)~3月29日(日)まで開催します。
(3週間の特別展です)
初日19:00からオープニングパーティがあります。
先着15名様に、だあしゑんか特製アマレッティをプレゼント。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

アーティストプロフィール
■カリン・ピサジーコヴァー(1982年ブルノ市出身)チェコ共和国、ブルノ大学ボディーデザイン科を卒業し、現在同大学芸術学部の博士課程に在籍中。写真、ビデオ、パフォーマンス、観客参加型アートなどを中心に活動している。作品はTanecni revue, Atelier, Art & Antiques等の雑誌に紹介される。Fleda music club, チェコデザインセンター、Skolka 28ギャラリーでのパフォーマンスフェスティバル、エジンバラ演劇祭、マルチプレース国際フェスティバルでパフォーマンスを行う。
マサリク大学、Umakartギャラリーにて個展。プラハデザインセンター、プラハUMPRUMギャラリーにてグループ展。イタリア(ミラノ、トリノ)、スロヴェニア(リュブリアナ)、ドイツ(カッセル)で奨学金を得る。
http://www.ffa.vutbr.cz/~karinp/
(Internet Explorerでは表示できない場合があります)
---------------------------------------------

この世には、知られている場所と知られていない場所がある。そして私たちは、こことは違うどこかに御伽噺を求めている。Yuki-Meruは、空を見上げ、苦くて甘い憂鬱を烏の中に見る。『白雪姫』に登場するあの烏や、道で独りたたずむ烏のように。karinは、近くて遠い、不器用な人々を見つめる。誰しもが自己の世界に埋没している。例えば、地下鉄のベンチで隣り合う他人同士のように。

彼女は言う。「彼らがどんな人間なのか。彼らの身になって解読し、その姿の深奥に近づこうとした。そして気づく。私は彼らの人生に入りこみたい。私たちはとても近くに隣り合い、触れ合いもするが、それでもなお、私は彼らのことを何も解ってはいない。」

Yuki-Meruは彼女の写真にこう添えている。
「生暖かく駆け巡る血が 凍ってしまう前に
 目をとじなさい
 その枝の切っ先が あなたを傷つけることはない
 彼もまた いまは 芽吹くために目をとじているのだから」

自由に髪を操るスタイリストの岩下氏は、もうもうたる煙の中から抜け出して、彼の領するファンタジーワールドで作品に魔法をかける。
皆様ようこそ、まもなくネバーランドに到着でございます。

ギャラリー / TB : 0 / CM : 0 /

「ぼくらと遊ぼう!」前編
2009/02/01(Sun) 08:31:33
チェコアニメ上映会
「ぼくらと遊ぼう!」
(C)Kratky film Praha a.s.
発売 レン・コーポレーション、チェスキー・ケー

bokurato.jpg

3/24(火)21:00~
チャージ1400円 1ドリンク付

妙な敬語と変形を駆使する兄弟グマが織りなすキュートでフリーダムな世界。
チェコアニメの持つ発想の自由さに驚嘆してください。

[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

監督:ブジェチスラフ・ポヤル

今回上映するのは、

「ヒョウの話」
「ビーバーの話」
「カブの話」
「お魚の話」
「帽子の話」
「冬眠の話」

の全6編です。

├チェコ映画上映会 / TB : 0 / CM : 0 /



copyright © 2009(株)ダーシェンカ All Rights Reserved.