だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本

朧に謡ふ 其の九
2014/08/17(Sun) 21:09:52
朧に謡ふ 其の九

日程:2014年8月27日(水)

タイムテーブル:
20時開演 長谷川信也
20時50分 熊坂路得子&松倉如子
21時40分 島津田四郎
22時30分 終了

料金:投げ銭制
当日は通常チャージ料金400円が無料となります

■アーティストプロフィール

img_01 (200x108)

<島津田四郎(香川)>
高松市でのライブ。いちばん前の左側にオールド・スクールっぽい、ジャージを着た男の子が見てた。
ライブが終わり、ステージを降りるときに手渡されたテープが『島津田四郎作品集』であった。
もちろんそのジャージの男の子本人の作品。
移動中のバンドワゴンのなかでそのテープを聴いたが、あまりのグルーヴィさに事故りそうになる。
ブラジル人の持つたとえばジルベルト・ジルやムタンチス等の奇妙さに通じる、
あくまで土着的なファンキーさ。曲には名前をつけないらしい。ふむふむ。
text by 曽我部恵一(サニーデイサービス)    
http://www.shimazutashiro.com/

<熊坂路得子>

10596152_683015961782089_354194451_n (133x200)

出身地=埼玉県さいたま市(旧浦和市)
6歳よりピアノを始め、18歳の時に師の演奏に魅せられ、アコーディオンと出会った。
短大に在学中、学校行事や個展等で演奏を始める。卒業後演奏活動に入り、現在では
ソロ、バンド活動、サポート演奏の他、シャンソニエ、ライヴハウスなど、都内を中心として活動中。
尚、2005年に結成した兄・熊坂義人(コントラバス)との兄妹デュオ【catsup】では、
2009年1月に、初めてのCDを全国リリースした。2009年6月には、
日本人アコーディオンニスト6人とともに渡仏、
及びパリの音楽祭「FETE DE LA MUSIQUE 2009」に参加し、好評を博した。
2010年2月、シンガーソングライター・早川義夫氏のバック演奏にて、
音楽プロデューサー・佐久間正英氏と共に、NHKBS2の番組に出演。同年10月には、
ロックバンド「GLAY」のアルバムに参加。
「埼玉の音楽家100人」に選ばれている。(2007年、人物新報社発行)
2011年と2013年の2度に渡り、横浜赤レンガ倉庫にて開催されたアコーディオン奏者・coba 主催の
「Bellows Lovers Night」に出演。
ピアノ、アコーディオンをMiyack氏に師事。 2004年3月 女子美術大学短期大学部を卒業。
http://accotomana.miraiserver.com/

10596039_683022358448116_1517527674_n (200x151)

<松倉如子>
歌手。2010年に渡辺勝とおまつとまさる氏名義で『メルヒェン』を発表。
ジャケット絵をスズキコージが描いた。ジャズピアニストの渋谷毅と時おり共演している。
http://ameblo.jp/yukiko-m/

<長谷川信也(姫路)>

東京の大学を卒業後、香川県直島町での音楽イベントや、
京都の音楽フェス・大風流とみやこ音楽祭にデザイン部分で参加し、
ミュージシャンや裏方の人たちと関わるようになり、
2006年よりイベントのオーガナイズを開始する。
その頃より、美術学校・セツモードセミナーに通い始め、絵の展示などにも参加し始める。

2008年・2009年に西新宿の廃校になった小学校を使った、
音楽イベント・廃校フェスの立ち上げに主催者の1人として参加。
2010年に埼玉スタジアムのコンコースを使った後継イベント・ぐるぐる回るにも
1ステージのオーガナイザーとして関わる。

2009年より地元姫路に戻って来て、自身でもアコースティックギターの弾き語りを練習し始め、
2012年よりライブにも出るようになる。
マイペースながらも繊細で浮遊感のある音楽をやって行ければ良いと思っている。
http://digup.noor.jp/

├ボサノヴァ/ライブ / TB(-) / CM(-) /



copyright © 2017(株)ダーシェンカ All Rights Reserved.