だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本

大竹昭子のカフェ・カタリココ
2010/01/05(Tue) 16:53:04
カタリロゴ

IMG_0359.jpg

<カタリココ>は「語り」と「ここ」を合わせた造語。近所に住む文筆家の大竹昭子さんが、彼女の選んだ作家の作品と自身の著作を、トークをまじえながら朗読する月例イベントです。

2010年の「カフェ・カタリココ」は「旅先」をテーマに多彩なゲストを迎え、1月から5月までだあしゑんかと喫茶茶会記にて交互に開催されました。

1/23(土) ゲスト ペトル・ホリー(チェコセンター所長)
旅先・チェコ
言わずと知れたペトル・ホリー氏をお迎えし、チェコ作家の詩や童話を朗読して頂ける運びとなりました。生でチェコ語の響きを聴いてみたい方も必見。
15:30~(開場15:00)
料金:1200円+オーダー
[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

3/13(土) ゲスト 宋敏鎬(ソン・ミンホ/詩人)
旅先・ニューヨーク
「ブルックリン」で中原中也賞を受賞した心臓外科医、宋敏鎬氏と、ニューヨークの何に触発されたかを語ります。
15:30~(開場15:00)
料金:1200円+オーダー
[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

5/15(土)
旅先・イタリア
随筆家・須賀敦子と詩人・川田絢音の二人の出会いを、朗読を通して実現させます。
15:30~(開場15:00)
料金:500円+オーダー
[終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます]

Mail:bar_dasenka@yahoo.co.jp
(@を半角に変えて下さい)
Tel:03-5269-6151

■大竹昭子
1979年から81年までニューヨークに滞在、文筆活動をはじめる。 ドキュメント、エッセイ、小説、写真評論と超ジャンルで執筆。最新刊は自身がセレクトした写真100点に短文をつけた『この写真がすごい2008』(朝日出版社)。ほかに『アスファルトの犬』『眼の狩人』『図鑑少年』『きみのいる生活』など、多くの著書がある。 2007年よりゲストとトークをしながら互いの著書を朗読する<カタリココ>を開催。

6月からの本家カタリココについてはこちらをご覧下さい。
カタリココ http://katarikoko.blog40.fc2.com/
書評空間 http://booklog.kinokuniya.co.jp/ohtake/



2月と4月の「カフェ・カタリココ」はこちらで開催されました。
「喫茶茶会記」
〒160-0015 新宿区大京町2-4 サウンドビル1F
Mail:sakaiki@modalbeats.com(@を半角に変えて下さい)
Tel:03-3351-7904
http://sakaiki.modalbeats.com

2/27(土) ゲスト・板垣真理子(写真家)
旅先・ブラジル
17:00~
料金:1500円

4/17(土) ゲスト・春日武彦(精神科医・作家)
旅先・ココロの世界
17:00~
料金:1500円

├カフェ・カタリココ / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報14 / HOME / そっとナイト

 C O M M E N T

 C O M M E N T P O S T

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

 T R A C K B A C K

この記事のURL
   http://bardasenka.blog34.fc2.com/tb.php/55-ea6639b4




copyright © 2017(株)ダーシェンカ All Rights Reserved.