だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本

チェコ耳寄り情報6
2008/09/22(Mon) 17:15:19
「つながれたヒバリ」「厳重に監視された列車」「スイート・スイート・ビレッジ」等数々の名作を撮ったチェコ映画の巨匠、イジー・メンツェル監督の最新作「英国王 給仕人に乾杯!」がいよいよ日本でも公開されます。
http://www.bowjapan.com/iservedtheking/
12/20(土)よりシャンテシネにてロードショー

それに先立ち、12/6(土)からメンツェル映画祭と称し、過去の2作品がそれぞれ1週間限定で上映されます。
http://www.bowjapan.com/iservedtheking/menzel/index.html
どちらも大傑作です。特に「スイート・スイート・ビレッジ」を劇場で観る機会はこの先ほとんどないと思われるので(DVD未発売、ビデオは絶版)この機会にぜひ。

秋葉原CLUB GOODMANにおいて、4日連続でチェコプログレバンド特集が開催されます。
Music Arts[Czech-Japan]2008
http://www.clubgoodman.com/schedule/schedule08-12.html
12/13(土)~12/16(火)まで。開場・開演と料金はスケジュールをご覧下さい。

チェコからはMCH band(12/13)、Uz jsme doma(12/14)、Pavel Fajt(12/15)、Psi Vojaci(12/16)が参加します。中でもUz jsme doma(ウジュ・イスメ・ドマ)は日本でもお馴染みですね。
当店はもしかしたら協賛として簡単な料理を提供するかもしれません。乞うご期待。ちなみに16日の最終日には社会学者としても名高い小熊英二さん率いるQuikion(キキオン)が参加しています。

当店も日ごろお世話になっている、神戸チェドックザッカストアの谷岡剛史さんが本を出版されました。
チェコへ、絵本を探しに
http://cedok.shop-pro.jp/?pid=10797614
事前にちょっとだけ原稿を拝見しましたが、これまでの探訪物では飽き足りない、マニアックで突っ込んだチェコ絵本にまつわるあれこれを読みたいという方に超お薦めです。もちろん「チェコ絵本って何?」という方でも豊富な図版を眺めているだけで充分楽しめますよ。

さて、だあしゑんかではこのほどプロジェクター及びスクリーンを導入し、チェコ関係の映像を上映する企画が始動しています。まず第一弾は12/25(木)に「長い長いお医者さんの話」「郵便屋さんの話」他、チャペック兄弟の作品をエドゥアルト・ホフマンがアニメ化したシリーズ、第二段は12/31(水)にチェコ映画祭でも好評を博した「スクシーテク」(Skritek トマーシュ・ヴォレル監督)を予定しています。年明けからはオルドジフ・リプスキー監督作品やミロシュ・フォルマンの初期作品なども順次上映の予定。
時間・料金などまだいろいろと未定ではありますが、追ってご報告しますのでご期待ください。上映希望の作品などございましたら遠慮なくリクエストをお願いします。

(情報は2008年11月22日時点のものです)

└チェコ耳寄り情報 / TB : 0 / CM : 0 /

チェコ耳寄り情報7 / HOME / チェコ耳寄り情報5

 C O M M E N T

 C O M M E N T P O S T

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

 T R A C K B A C K

この記事のURL
   http://bardasenka.blog34.fc2.com/tb.php/81-310813fe




copyright © 2017(株)ダーシェンカ All Rights Reserved.